ズボラな私でも出来た断捨離術

未分類

断捨離というと、やろうとは思っているけど実行に移せない人がほとんどではないでしょうか。断捨離自体はコツをつかめれば苦手な人でも、少しずつ出来ていくものです。
私も元は苦手だったので、体験を踏まえて書いていければと思います。
ちなみに断捨離は、やってしまうと頭もスッキリしますし、生活もよりよくなります。

以前は物が捨てきれず、多くのものに囲まれて生活していたのですが、あることをキッカケに「物はそんなになくても生活はできる。」ということを実感しました。それは、3カ月ほどの入院でした。数日ではなく数カ月という長期だったため、ある程度必要なものを持っていかなくてはなりませんでした。
個室とはいえ病院ですから、棚もそんなにありませんし、置けるものは限られていました。そんな中で生活していくうちに、生活する上でそんなに物は必要がないこと、逆に物がないことで生活しやすいことを実感しました。

私は、断捨離が得意な夫にアドバイスをもらいながら始めました。
一気にやるのは大変ですが、衣類、日用品、本や雑誌類など項目別に少しずつやりました。いらないもの、もう使ってない物、よく使っているものを基準に断捨離していくのですが、ここで驚くのがいらない物の多さです。
ためしに引き出しを一つでもいいので断捨離をしてみてください。
また、自分が使わなくても他人が必要としているものが中にはあります。
例えば、全く使ってない化粧品や、ブランドものの古着などです。売れそうなものは、フリマサイトを活用して売ってみると、思わぬ収入を得ることが出来ます。商品の状態が分かるように、特に汚れなどマイナスになる部分、洋服はタグなどもきちんと撮影して掲載すると、商品が売れた後のトラブル回避につながります。

断捨離について、経験などをふまえて書いてみましたが、いかがだったでしょうか。それでも断捨離が苦手、なかなか踏み切れないという場合は、まずは財布の中身やカバンの中身から始めてみるといいかもしれません。断捨離すると、机の中もスッキリして何がどこにあるのかも分かりやすくなりますし、洋服だと毎日の着るものに悩むということが少なくなって、生活がしやすくなります。