コレステロールが高くて体調不良になりやすい

未分類

私は歩行が不自由なためにどうしても運動不足になり、そうするとコレステロール値を正常に保つのは難しくなります。コレステロールという言葉を聞くと悪いイメージを持ちがちでしょう。しかし血液中だけでなくて脳や内臓、筋肉など全身に幅広く分布されている重要なものになります。1つ1つ形を作る細胞膜の材料もコレステロール、そもそも脂質のために血液中にそのままでは溶け込めないです。血液となじみやすいタンパク質に包まれることにより、血液中に流れ出せるようになります。

人間が生活していく中で[食]はもっとも手軽で充実感をえられる手段であり、そうした豊かな気持ちになれるでしょう。[食]くらいは好きなものを好きなだけ食べたいというのが人情になります。ただ人は肉体やホルモンなど内部因子が発達して安定する25歳前後までの前期、さらにそこから退化していく後期があるのです。

健康診断すれば40代以上の大部分の人は何らかの異常値が散見され、中でも多く見られるのが[高コレステロール]や[脂質異常症]になります。これらは加齢に伴って体内に入る量とのバランスが崩れることが多く、コレステロールが増えて心筋梗塞や脳梗塞といった生活習慣病の原因になることが多いのでした。

最近の報告でコレステロール値が高い、脂質異常症の人の寿命が明らかに短くなっています。人にとって身体を作るのは食事しかなく、コレステロールや中性脂肪は摂り過ぎないようにすると脂質異常症は改善していくでしょう。

ただ何をどのように食べればいいかよくわからず、それに食事は薬ほど簡単に効果が表れません。

[継続は力なり]で必要なのは継続性を明らかにしてそれを自分が納得することです。

食物繊維を摂るとコレステロールが下がるか説明し、食べ続けると毎回使われることになって減少していきます。

コレステロールを下げる食事を6ポイント探し、最初は主菜を肉に偏らずに魚や大豆製品をバランスよく食べることが重要でしょう。脂にはLDLコレステロールを上げる飽和脂肪酸が多く含まれ、ほかに豆製品を上手に取り入れていきます。肉は脂身の多い部位ではなく、赤身を選ぶようにしてくのです。脂身の多い部分を食べる場合はゆでたり、蒸したりしてグリルで焼くのは脂が落ちてしまう調理法になります。脂身の部分を除いて焼いたり、フライパンに溶け出した脂を拭きとったりしても同様の効果が期待できるでしょう。脂身の多い部分を避け、赤身を選んで献立を考えることがコレステロールの増加を避けることにつながります。1日の肉の適量は80~100gになり、豚肉のもも薄切肉で2~4枚になるのです。

魚料理を3食のうち1食は献立に入れることがコレステロールの減少につながり、魚の脂は酸化しやすくて買ってきたら新鮮なうちに調理して抗酸化ビタミンが豊富な野菜と調理するとさらに効果が高まります。

調理に油を使う場合は動物性の油脂より植物性のものにし、適目安は大さじで1から1/2くらいになるでしょう。揚げ物を食べる場合は回数を減らす必要があって菓子パンやクッキー、カレーのルーなど調味料やカップ麺など加工食品にも含まれていて注意しましょう。